【巨人】内野手が揃わず31日のDeNA戦も中止決定 6試合連続で

2022年07月30日 10時15分

横浜スタジアム(東スポWeb)
横浜スタジアム(東スポWeb)

 コロナ禍の巨人の試合中止が6試合目となった。

 巨人は30日、開催が未定となっていた31日のDeNA戦(横浜)について、内野手が3人しか確保できないことから試合中止を求め、DeNAと持ち回り臨時実行委員会で了承されたと発表した。

 これで巨人は中日3連戦(22日~、バンテリン)に続き6試合連続で試合延期となった。

 球団は「27日に復帰した3選手が3日間のトレーニングを行ったものの、3人とも上半身及び下半身の筋力が公式戦に出場できる水準に戻るにはまだ数日かかり、このまま31日の試合に出場させた場合、大きな故障につながりかねないことから、3人とも31日にベンチ入りさせることは不可能と判断いたしました」と理由を説明した。

 合わせて「当球団としては、選手たちがコンディション不良のまま実戦に臨んで大きな故障をしないことに留意しながら、試合挙行に必要な最低限の選手数がそろった時点で、すみやかに公式戦に臨むことにいたします。何卒、ご理解をいただきたくお願いいたします」と早期の試合再開を約束した。

関連タグ: