【阪神】湯浅京己 前日被弾の中日・マルティネスにリベンジ成功

2022年07月02日 18時39分

湯浅京己(東スポWeb)
湯浅京己(東スポWeb)

 阪神のセットアッパー・湯浅京己投手(22)が前夜の雪辱を見事に晴らした。

 前日1日は同点の8回に中日4番・A・マルティネスに痛恨被弾を浴び、敗戦投手に。右腕はこの日も3点リードの8回2番手で登場。いきなりA・マルティネスと対峙した。

「昨日やられたので、やり返すという気持ちでいました」

 同じ過ちは繰り返すわけにはいかない。そんな気持ちがボールにも乗り移ったか、フルカウントから最後は152キロで空振り三振に打ち取ると、マウンドで、グラブを叩いて雄叫びをあげた。

 そんな姿に矢野燿大監督(53)も「『くそ~』と思いながら、バッターにむかっていけている。昨日だって、逃げたわけじゃない。湯浅にとって、大事なのはやられた経験をプラスに変えていくこと」と労った。

関連タグ: