G阿部「空中バウンド弾」を鑑定

2012年09月26日 18時00分

 一方、UMAやオカルト事象に詳しい作家・山口敏太郎氏は「最も可能性が高いのは『神風』です。運が強い人や信仰心が強い人に、てんぐが『神風』を吹かしたということがある」と独自の見解を示した。

「不況の会社が盛り返したり、負け戦が勝ち戦になったりするのと同じです。こういう神風を吹かす神様は、てんぐ様を祭っているような神社に多い。秋葉山系やカラス天狗を祭る鞍馬山とか…。こういう神社にお参りすると、神風が吹く場合がある。阿部選手は知らずにてんぐを祭る神社に参っていたのでは」。

 さらに同氏はこうも付け加えた。「僕には巨人の選手が日本シリーズやWBCで好成績を収める前兆じゃないかと思えてしかたがない。密教には、自らに暗示をかけることで、不動明王と同化するという考え方がある。今後も(阿部が)『俺にはてんぐがついている』と念じれば、いいプレーができるでしょう」

 この鑑定結果に阿部は「なるほど」と納得。スッキリした表情で「ありがとう。おかげでモヤモヤが取れたよ!」と感謝を述べると、満面の笑顔でビールかけ会場へ向かっていった。

 かくして“てんぐになった阿部”(いい意味で)は、次にどんな“秘打”を披露してくれるのか。