【球宴】日本ハム・大谷2回1失点も最大緩急差70キロで魅了

2015年07月17日 21時07分

「マツダオールスターゲーム2015」の第1戦に全パの先発として登板した日本ハム・大谷

 日本ハム・大谷翔平(21)が「マツダオールスターゲーム2015」の第1戦(東京ドーム)に全パの先発として登板。2回2安打1失点2奪三振だった。
 
 この日は昨年12球投じた160キロ超えのストレートはなく、最速は159キロ。対照的にこの日最も遅かったカーブが89キロで、最大緩急差70キロという奥行きのある投球でスタンドを沸かせた。
 
 大谷は「6人で終わりたいなと思っていたんですけど、打たれましたね。(ヤクルト・川端の時に)1球だけ(スピードを)狙いに行ったんですけど出なかったです。(スローカーブは)嶋さんと事前にどこかで狙おうと言っていました。シーズン中には投げない球なんですけどね」と先発の役目を終え、安堵の表情を浮かべた。