日本ハム・清宮が〝不可解〟走塁…無死二塁から二塁打が出たのに生還できず

2022年05月25日 21時11分

思い切ったスタートが切れず三塁にストップした日本ハム・清宮(東スポWeb)
思い切ったスタートが切れず三塁にストップした日本ハム・清宮(東スポWeb)

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(23)が25日のヤクルト戦(神宮)に「3番・一塁」でスタメン出場。23歳の誕生日を迎えたこの日、得点のきっかけとなる〝バースデー二塁打〟を放ち、昨夜の雪辱を果たした。

 先頭打者として迎えた4回。相手先発・スアレスの149キロ直球を捉え、センターへ二塁打。ここで続く野村が放った打球は、右翼線への飛球となった。ヤクルト・山崎がボールを見失う間に野村は二塁へ進んだが、二走・清宮は思い切ったスタートが切れず、無死二塁から二塁打が飛び出したのに三塁ストップとなってしまった。

 その後、万波の犠飛で生還し、2点目を追加することができたが…。ネットニュースの速報などで試合経過を追っていたファンにしてみれば「無死二塁から二塁打で、何で点が入ってないの?」となったかもしれない。

関連タグ: