中日打線が沈黙 力投・柳を見殺しで立浪監督おかんむり「投手は口には出さないが…」

2022年05月22日 22時08分

中日・柳(東スポWeb)
中日・柳(東スポWeb)

 中日・柳裕也投手(28)が22日の広島戦(マツダ)で8回途中を3安打1失点の好投を見せたが、無情にも味方打線の援護がなく、今季2敗目(4勝)を喫した。

 ここまで今季は1完封を含む2戦2勝とカモにしていた広島相手に、この日も相性の良さを発揮。4回までノーヒットノーラン投球を見せていたが、惜しむらくは6回だ。代打・堂林に2球目、変化球を左中間へ運ばれ、先制3号ソロを被弾した。結局、最後までこの1点が重くのしかかり、8回一死で無念の降板となった。

 先発としてきっちり試合をつくった柳だが、敗戦投手となり「チームが勝ちたかったですけど、勝たせられなかったので。次はチームを自分が勝たせられるように頑張りたい」と笑顔はなし。

 柳について立浪監督は「すばらしい投球はしたんですけど、そりゃあ1球や2球は失投はありますからね。あそこ(堂林の一発)はしょうがない」とかばった。見殺しにした打線については「今日は点を取ってあげないと。投手は口には出さないですけど、今日は打線ですよ。せっかく当たっているカープ打線をあそこまで抑えたわけですから。もう少し打てる打てないはあるが、何とかしようという気持ちをもっと持たないと」とおかんむりだった。

関連タグ: