中日・根尾 “敗戦処理” での初登板に賛否 立浪監督「いろんなこと言われるとは思うが…」

2022年05月21日 20時55分

初めて一軍のマウンドにあがった中日・根尾(東スポWeb)
初めて一軍のマウンドにあがった中日・根尾(東スポWeb)

 中日・立浪和義監督(52)が根尾昂外野手(22)を9点ビハインドの〝負け試合〟でマウンドに送ったことで賛否両論の声が沸き起きている。

 21日の広島戦(マツダ)で、根尾は1―10の8回から6番手で初めて一軍マウンドに立った。先頭・坂倉に安打こそ浴びたが、最速150キロをマークするなど、1イニングを1安打無失点に抑える力投。「4番・投手」として9回はそのまま打席に入り、一ゴロに倒れたがついに「二刀流」デビューを飾った。

 根尾を投手で起用した意図を立浪監督は「昨日もいっぱい投手が投げているので、最後一人どうしても足りなかった。まだまだ基本、直球とスライダーなので、直球を狙われていい当たりされたり安打も打たれが、なかなか簡単に四球出さなかった。ストライクを投げられるというだけでも(良かった)。またこういう展開で投げることはあるかもしれない」と説明した。

 今季4年目の根尾は外野一本で勝負する方針だったが、遊撃に再コンバートされた上、投手転向のプランも浮上。しかし、ネット上では「これが見たかった」「カッコ良い」「今日の中日のどの投手よりもすばらしい球筋だった」「点差があったし、リリーフ陣を救ってくれた」「今日の試合で一番のニュース」などと好意的な見方がある一方、否定的な声も噴出。「扱われ方がかわいそう」「どう育てたいのかよく分からない」「けがしたらどうするのか」「ただのネタ作りにしか見えない」と疑問視するコメントもある。

 投手経験も積ませていきたい指揮官は「根尾に関してはこれからいろんなことを考えないといけない。いろんな見方とか、いろんなことは言われるとは思いますけど。何とか根尾を生かしていかないと。今年1年で根尾のことは考えながらやっていきたい」と胸の内を明かした。

関連タグ: