中日・根尾 “二刀流” にOB各氏が見解 井端氏「まずはショート、ゆくゆくはそこから抑えで」

2022年05月18日 23時30分

中日で長年ショートを守ったOB井端弘和氏(東スポWeb)
中日で長年ショートを守ったOB井端弘和氏(東スポWeb)

 中日・根尾昂外野手(22)の二刀流はアリかナシか。18日にCBCテレビで放送されたナイター中継「中日―DeNA戦」の中で、中日OBの解説者がそれぞれの見解を語った。

 元エースの川上憲伸氏が「見たいですけど、難しいんじゃないですかね。実際はね」と言えば、元守護神の岩瀬仁紀氏も「どちらかに絞って結果を出してほしいですね。まだどっちも結果出てないですからね。まずは結果を求めて、どちらかに集中してほしい」と今は野手か投手か、どちらかに専念すべきとの考えを示した。

 一方、二刀流に肯定的だったのが元遊撃手の井端弘和氏だ。「(川上氏&岩瀬氏の話を)厳しい意見だなと思って聞いていたんですけど…。(根尾には)ドラゴンズのスターになってほしいなと思うので。まずはショートで、ゆくゆくはそこから抑えで出てほしい。まず今年はショートでいいかなと思う。そこには練習が必要なので。秋とかに二刀流をやるにはいっぱい練習が必要。行く行くは投手としていってほしい」と二刀流へのチャレンジを熱望。この日、今季初めて遊撃を守った根尾だが、今後もその起用法には注目が集まりそうだ。

関連タグ: