オリックス・ラオウ杉本が長短打2本で復調の兆し 中嶋監督「完全にダメな状態から抜けつつある」

2022年05月18日 22時36分

当たりがが戻ってきたオリックス・杉本(東スポWeb)
当たりがが戻ってきたオリックス・杉本(東スポWeb)

 オリックスの〝ラオウ〟杉本が復調の兆しを見せた。18日の日本ハム戦(ほっともっと)に「7番・右翼」でスタメン出場し、3回に右前打、9回には右中間にフェンス直撃の二塁打を放った。いずれも逆方向に杉本らしい当たりを見せ、3打数2安打と気を吐いた。

 中嶋監督は「徐々に徐々にですね。完全にダメな状態からは抜けつつあるのかな」としながらも「主軸を張っての選手。あの打順で気楽に打ってる場合じゃない。まあ、きっかけにしてくれたら」と奮起を促した。

 まだ打率1割3分4厘と昨年の本塁打王の見る影はない。指揮官は長引く不振にも二軍調整させることなく、試合の中で感覚を取り戻させようとしている。主砲の吉田正がコロナの隔離明けで17日から合流したとはいえ、まだまだ調整段階だけに、ラオウの早期復活が待たれるところ。眠れる大砲がそろそろ目を覚ますか。

関連タグ: