オリックスがブルペン陣奮闘3連勝 プロ初勝利の5年目・本田は3週連続で “初物づくし”

2022年05月17日 22時30分

試合後、お立ち台に呼ばれたオリックスの(左から)中川圭、本田、佐野皓(東スポWeb)
試合後、お立ち台に呼ばれたオリックスの(左から)中川圭、本田、佐野皓(東スポWeb)

 オリックスが「山岡退場」のアクシデントを乗り越えて3連勝だ。17日の日本ハム戦(ほっともっと)はスコアレスで迎えた7回一死二塁から、中川の適時三塁打で先制し、二死三塁から代打・佐野晧の適時二塁打で2点目。8回にも一死満塁から代打・西野の適時打で加点し、好調の日本ハムを3―0で下して借金を4に減らした。

 4回には想定外の事態に見舞われた。1安打無失点投球を続けていた先発の山岡が、一死二塁から4番・野村の顔面に死球を当てて危険球退場。ブルペンが慌てる中、緊急登板した阿部が冷静に後続を仕留め、近藤、本田、ビドル、平野佳の継投で零封投球を続けた。

 プロ初勝利の5年目右腕・本田は「アクシデントがあったんで、そこは中継ぎでカバーしていこうと思った。チームが勝利できてよかった」と汗を拭った。今季から頭角を表し、中継ぎとして10試合に登板。この日は最速158キロをマークした。

 15日のプロ初セーブに続いての記念球ゲットに「3週連続で初ホールド(8日)、初セーブ、初勝利でき、どれもすべてうれしい気持ちに変わりはない。ボールはお母さんに送りたい。ストレートで押すスタイルは変わっていない。任された場面で勝利をつなげる投球ができれば」とさらなる活躍を誓った。

関連タグ: