広島・床田が3回4失点で今季初黒星「調子は悪くなかった」

2022年04月28日 00時41分

広島・床田(東スポWeb)
広島・床田(東スポWeb)

 まさかの結果に終わった。広島の床田寛樹投手(27)が27日のヤクルト戦(マツダ)に先発し今季最短の3回を7安打4失点でKOされた。失点も今季ワースト。試合前までリーグトップだった防御率は2・67となった。

 今季初黒星。それでも床田は「調子は悪くなかったんです」とした上で「うまく打たれたという感じだったので。そこをもう一回、見つめ直して同じ失敗を繰り返さないようにしっかり頑張りたいなと思います」と前を向いた。

 佐々岡監督は「相手もしっかりと策を練ってきている中で(ヤクルト打線は)積極的に、甘い球を逃さなかった」と話した。そして「次にやり返すというぐらいの気持ちでまたいってほしい。それしかない」と次戦の巻き返しを期待した。

【関連記事】

関連タグ: