佐々木朗への球審詰め寄り問題 日本ハム・新庄監督が語った「一番ベスト」な対応

2022年04月26日 16時24分

日本ハム・新庄監督(東スポWeb)
日本ハム・新庄監督(東スポWeb)

 ビッグボスから見ても審判の詰め寄り行為は「やり過ぎ」だったか…。

 日本ハムの新庄剛志監督(50)が26日のオリックス戦(東京ドーム)前に報道陣に応対。24日の試合(オリックス対ロッテ戦)でロッテ・佐々木朗希投手(20)に詰め寄るような行動をとった白井一行球審の行為について持論を展開した。

 ビッグボスは報道陣から24日の試合で佐々木朗に詰め寄った審判について問われると開口一番、「試合全体の流れを見てないからあの場面だけでは判断できないですけど…」と前置きしたうえで、佐々木朗を擁護。

「映像を見る限り(佐々木朗が)苦笑いをして『嘘やん』って言ったような感じには見えましたね。けど、俺の考えはアンパイアの方たちが野球を早く進行させようとしてる中、あそこの場面で近寄る方が時間の無駄になるだろうし…。例えば終わった後にキャッチャーとか監督に『あの行為はないよ』っていうことをイニングの合間に言うとかね。ガーっていくような、あそこまでする必要はあるのかな、とは思いましたね」と過敏な反応を示した球審の行為に苦言を呈した。

 ただ、審判の胸中にも一定の理解を示しているようで、「(白井球審は)実績のある審判なんでしょう。自信を持ってやっている。それも分かりますよ」とポツリ。そのうえで「(その気持ちは)分かりますけど、あの場面はあれだけ注目されている選手だからこそ『大人になって』じゃないですけど、こらえて、後でイニングの合間に言ってあげるのが一番ベストじゃなかったのかな」と再び20歳の怪物の気持ちに寄り添うように神妙な面持ちで語っていた。

 また25日に佐々木朗が一旦、疲労により選手登録を抹消されたことで、今週末29日からのロッテ3連戦での佐々木朗との再戦は消滅した。これにはビッグボスも「(もう一度)見たかったね。電話しておこうか。井口監督に」と苦笑い。「(抹消は)疲れ?それならよかった。一人で背負ってプレッシャーも何もかもやっている。じゃあ、何なら3カ月くらい休んでもらって(笑い)。さあ、今日も面白いゲームを見せます!」と最後は当日のオリックス戦に気持ちを切り替えていた。

関連タグ: