巨人・岡本が3安打1本塁打2打点で暫定〝2冠王〟「久々にいい感覚で打てた」

2022年04月22日 22時44分

本塁打を放つ岡本(東スポWeb)
本塁打を放つ岡本(東スポWeb)

 巨人の4番・岡本和真内野手(25)が、本塁打キングタイとなる6号ソロを含む3安打2打点と大爆発。チームを5連勝に導いた。

 22日の中日戦(バンテリン)で背番号25は先制適時打、7回のダメ押し弾と7―2での勝利に貢献。6本塁打、18打点で暫定ながらセ・リーグ〝2冠王〟となった。

 逆方向の右翼席への一発に主砲は「久々に良い感覚で打てたなと思います」と、ニッコリ。4戦連続打点には「調子うんぬんじゃなく、その日その日しっかりやるべきことをやろうと思っているんで、継続してやろうと思います」と、前を向いた。

 本塁打、打点での2年連続セ2冠王は昨年、最優秀防御率・最多奪三振と投手2冠・柳の攻略に「特にカードの頭でしたし、良い形で取れたので良かったと思います」と、笑顔を見せた。

関連タグ: