不振のグラシアル&ガルビスに「メス」 ソフトバンク・王会長が送ったアドバイスの中身とは

2022年04月14日 06時15分

グラシアル(右)を指導する王球団会長(東スポWeb)
グラシアル(右)を指導する王球団会長(東スポWeb)

 苦しむソフトバンクの助っ人砲たちに「王のメス」が入った。本拠地ペイペイドームで全体練習が行われた13日のことだ。開始40分前に打率1割台と打撃低迷中のジュリスベル・グラシアル内野手(36)とフレディー・ガルビス内野手(32)が早出特打を志願。付き添うように王貞治球団会長兼特別チームアドバイザー(81)が2人を打撃ケージ裏から見守った。

 チームは延長12回引き分けに終わった9日の西武戦から12日のロッテ戦まで30イニング連続無得点と打線が湿っている。栗原が左ヒザを手術して今季絶望となったばかりでなく、左肩痛の柳田も戦列を離れ、リードオフマンの三森も下半身の張りで欠場が続く。加えて「不動の4番」のグラシアルとメジャー109発のガルビスの打棒が上向かず、打線の低迷に拍車をかけている格好だ。助っ人砲たちの打撃開眼なくして、低迷脱出は不可避。その手助けをしたいとの思いが王会長にあったのは疑いようもない。

 村上打撃コーチによると、今回の直接指導で王会長がガルビスに言ったのは「シンプルに真っすぐをしっかり打つんだ、と。ホームランだけを打っていいよ、と。細かいことを考えすぎないようにと教えてもらった」。日本の「野球」に慣れようとして、本来の思い切りのいいスイングが消えていることを念頭に、シンプルな思考で打席に入ることを伝えた。

 グラシアルには「腰の回転」を意識したスイングを実演。身振り手振りの熱血指導を終えると、深くうなづくグラシアルに「それができたら40歳までできるよ」と声をかけた。実績ある36歳のキューバ砲の自信を取り戻させようと何度も握りこぶしをつくり、バットで大きな放物線を描くたびに拍手を送り続けた。

 打線の奮起を願う藤本監督は2人に「打ち出したらドンドン打つと思っている。そこまでのキッカケを何とか与えてやりたい」と根気強く復調を待つ方針。2人の早出特打を松田、中村晃、千賀ら主力もアップ中に熱心に見守った。さて、どんな化学反応が起こるか。

関連タグ: