巨人・丸が今季3号の先制ソロ 原監督の〝打順改造〟が的中!

2022年04月10日 15時01分

今季3号の先制アーチを放った丸(東スポWeb)
今季3号の先制アーチを放った丸(東スポWeb)

 巨人の丸佳浩外野手(32)が10日のヤクルト戦(東京ドーム)で今季3号の先制アーチを放った。

 この日は打順を「5番」に上げてスタメン出場した丸。0―0で迎えた2回の先頭でこの日最初の打席に入った丸は、相手先発・高橋の2球目、147キロの直球を完ぺきに捉えると、打球は右翼スタンド上段へ一直線。「失投をコンパクトに捉えることができました。先制点になってよかったです」と打った瞬間に確信に変わる一発で、右手を水平に掲げながらダイヤを一周した。

 今季の丸は春季キャンプ中で「1番」から「8番」まで様々な打順を体験。この日は原監督から「5番」を任されると、前日の試合まで同打順を任されていた中田がスタメン落ち、代わって中島が「6番・一塁」として今季初先発出場を果たすなど「打順改造」が行われた。指揮官の期待通り、見事にクリーンアップとしての働きを果たした丸の一発はこの試合の展開に大きく影響しそうだ。

関連タグ: