野戦病院化の巨人がトレーニングコーチ入れ替え

2015年06月16日 16時56分

一軍へ昇格する伊藤博二軍トレーニングコーチ

 巨人がコーチの入れ替えを断行した。

 

 球団は16日、内藤重人トレーニングコーチ(49)を二軍へ降格し、伊藤博二軍トレーニングコーチ(49)を17日から一軍へ昇格させる人事を発表した。

 

 今季は開幕前から野手を中心に筋肉系のケガが続出し、最近も片岡が右ふくらはぎ肉離れ、金城が左前腕部外側部の損傷でチームを離脱。主力の大量リタイアが交流戦7勝11敗の11位と失速した原因にもなり、球団内ではトレーニング・医療部門への風当たりが厳しくなっていた。

 

 この日、イースタン・DeNA戦の試合前にジャイアンツ球場で取材に応じた堤GMは、突然の配置転換について「これだけ故障者が相次いでいるのは事実なので、そこは当然トレーニング部門、医療部門には重く受け止めてもらおうという気持ちはありますけども、決して責任を取る意味で一、二軍を入れ替えるのではない」と強調。その上で「なぜこうなったかキチッと検証して、その検証結果を今後に生かしていけるような体制づくりするうえでの適材適所。監督の了承を取って今日通達した」と説明した。