広島・松山 6回にフォーク打ち決勝打「何とか食らいついていこうと思って」

2022年04月06日 00時50分

同点の6回、しぶとくタイムリーを放った広島・松山(東スポWeb)
同点の6回、しぶとくタイムリーを放った広島・松山(東スポWeb)

 ベテランが意地を見せた。広島・松山竜平外野手(36)が5日の巨人戦(マツダ)に「6番・左翼」で先発出場。1―1の6回一死一、三塁で巨人先発・戸郷のフォークを中前へとはじき返す勝ち越しの適時打。チームの連敗を3で止めた。

 九里とともにお立ち台に上がった松山は決勝打の場面を「最初の打席で三振してしまった。何とか食らいついていこうと思っていいバッティングができました」と振り返り「一日1打点と目標を立てているので、1打点取れて良かった」と笑顔を見せた。

関連タグ: