オリックスの主砲・吉田正が打撃上向き「ソフトバンクを叩かないと上にはいけない」

2022年04月03日 18時01分

吉田正尚(東スポWeb)
吉田正尚(東スポWeb)

 オリックスの主砲・吉田正が調子を上げてきた。3日の日本ハム戦(京セラ)の8回、一死二、三塁からセンターへ勝ち越しの2点適時打。チームを4―2と逆転勝利に導いた。吉田正は「ストライクゾーンに来たら外野まで飛ばせればと思っていた。あそこは打点がほしいところ。三振が一番だめなので打ちにいった」と振り返った。

 打率1割台に低迷したが、1日から4番に座ると3戦連続の安打と打点。この日で2割6分7厘と徐々に調子を取り戻し、チームも5連敗から3連勝と盛り返してきた。5日からは福岡に乗り込んで首位ソフトバンク戦に臨む主砲は「また監督も代わったし、チームも勢いづいている。ここを叩いていかないと上にはいけない。また強い気持ちを持ってビジターに臨んでいきたい」と気を引き締めた。

【関連記事】

関連タグ: