渡辺恒雄主筆が巨人に今月2度目の公の場でゲキ!「今年は断固、再び優勝」

2022年03月23日 21時13分

主催者あいさつした読売新聞グループの渡辺恒雄主筆(代表撮影)
主催者あいさつした読売新聞グループの渡辺恒雄主筆(代表撮影)

 巨人の親会社である読売新聞社が23日、東京都内のホテルで「読売巨人軍激励会」を開き、渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(95)が主催者としてあいさつに立った。

 車いすに座ったまま登壇した渡辺主筆は「近年、足を悪くしまして、ちょっと自分の足で歩けない。誠にみっともない。巨人軍という非常に体力の優れた諸君の球団を運営する者として、誠にお恥ずかしいことでありますが、どうかお許しください」と切り出し「開幕(25日)に備えて、本当の熱烈なファンの方々のみをお招きして、明るい盛大な激励会を開かせていただきました。どうか一つ、選手諸君を激励してやってください」とあいさつした。

 昨季のチームはリーグ3連覇を逃し、3位に沈んだ。渡辺主筆は参列した原監督ら首脳陣、選手たちを前に「今年は断固、再び優勝というつもりで頑張っていただきたい」と引き締めた。

 渡辺主筆は今月1日に行われた「燦燦会総会」にも出席し「優勝した暁には、ホテルで一番デカい部屋を探して、派手ににぎやかに楽しくお祝いしたいと思っております」と吉報を心待ちにしていた。総帥による開幕前2度目の号令に、応えないわけにはいかない。

関連タグ: