西武・森友哉が10号弾 高卒2年目までに2桁到達は史上5人目

2015年06月03日 19時47分

 西武・森友哉捕手(19)が3日、交流戦の中日戦(ナゴヤドーム)で5月20日のロッテ戦(西武プリンス)以来、12試合ぶりの一発となる10号ソロ本塁打を放ち、歴代の“レジェンドリスト”に名を連ねた。

「6番・右翼」で先発出場した森は1―1の4回先頭の第2打席、カウント1―1から中日先発・山井の内角140キロ直球をフルスイング。打球は高く舞い上がり、右翼席ギリギリに飛び込む勝ち越しの10号ソロとなった。

 ここ10試合で33打数3安打(打率9分1厘)、18三振と不振にあえいでいた森は「まっすぐです。来た球を思いっきり振りました」と久々の感触に声を弾ませた。

 高卒2年目までに2桁本塁打に到達したのは、昨年の日本ハム・大谷翔平投手(2年目=10本)以来で、ドラフト制度導入以降では掛布雅之氏(阪神2年目=1975年、11本)、清原和博氏(西武1年目=1986年、31本)、松井秀喜氏(巨人1年目=1993年、11本)に並ぶ史上5人目の快挙となった。

 大谷を除く3人はいずれも通算本塁打数が349本の掛布氏、525本の清原氏、日米通算507本の松井氏と一時代を築いたレジェンドばかり。昨年の二刀流・大谷に続きこのラインをクリアした森は、もちろん「選ばれたスラッガー」としてこれからの日本球界をけん引していく立場となるだろう。

 森が10号弾までに要した打数は昨年の大谷の189打数に遅れること6打数の195打数目。ここ12試合の低迷が響いた形となり、シーズンに換算すると26本塁打と30本ペースを割っている。