巨人・丸がHONEBONEから登場曲の楽曲提供受ける「とてもいい曲」全打席で使用へ

2022年03月18日 13時05分

左からEMILY、丸佳浩、KAWAGUCHI(東スポWeb)
左からEMILY、丸佳浩、KAWAGUCHI(東スポWeb)

 巨人の丸佳浩外野手(32)が18日、今季使用する登場曲の楽曲提供を受けた。

 ロッテとのオープン戦(東京ドーム)の練習開始前にフォークデュオ「HONEBONE」のエミリ、カワグチが丸を訪問。丸のために書き下ろした「夜をこえて」のCDを手渡した。

 丸はホラーゲーム「Dead by Daylight」にハマり、そのゲーム配信で使われていた同デュオの「チェイス」を昨季途中から1打席目の登場曲として使用。オフのゲーム配信番組に丸が出演した際、楽曲提供が決まった。

 新曲を聞いた丸は「とてもいい曲。行くぞという気持ちが高ぶる」と、大満足。「これから話し合うけど全打席で使うつもり」と、自身の代名詞としていくという。

 曲作りの際、野球ファンから丸についてリサーチしたというヴォーカルのエミリは「(丸は)ヒーローと言っていたのでそこは歌詞に織り込みました」と、振り返った。ギターのカワグチも「丸選手からお客さんも一緒に盛り上がれる曲がいいというオファーをいただいた。その一点」と、自信をのぞかせた。

関連タグ: