阪神二軍で新たに2選手がコロナ陽性 25日の全体練習中止

2022年02月25日 09時52分

左から板山、中川(東スポWeb)
左から板山、中川(東スポWeb)

 阪神は25日、二軍の高知・安芸キャンプにおいて24日に行ったPCR検査において、板山祐太郎外野手(27)、中川勇斗捕手(18)の2人が新型コロナウイルス「陽性」判定を受けたこと発表した。

 阪神二軍では、この日よりも先に行ったPCR検査で21日に片山優哉捕手(27)、23日に植田海内野手(25)が相次いで同検査において「陽性」判定を受けていた。これにより阪神は25日の安芸キャンプにおける全体練習を中止、投手のみの自主練習、野手、及び野手関連のコーチ陣は宿舎で待機措置をとった。

 26日以降の予定ついては、管轄の保健所、及び日本野球機構(NPB)と連携を取りながら、検討を重ねていく。またこれに伴い、26日(土)の三菱自動車倉敷オーシャンズ戦、27日(日)の四国銀行戦の2試合を中止することを発表した。

【関連記事】

関連タグ: