ソフトバンクのローテ候補・大関が6失点KO 藤本監督は奮起期待「チャンスはある」

2022年02月24日 20時09分

大量失点しガックリの大関(右)と海野(東スポWeb)
大量失点しガックリの大関(右)と海野(東スポWeb)

 先発ローテ入りを目指すソフトバンクの大関友久投手がアピールに失敗した。

 24日のロッテとの練習試合(宮崎アイビー)に先発登板。2回に連続内野安打でピンチを招き、中村晃のエラーで失点を許すと、続く茶谷の犠打を自らが一塁に悪送球。同点に追いつかれた。

 結局、2回は一死も取れずに降板となった。一挙6点のビッグイニングを作られた。

 試合後の藤本監督は「エラー絡みと言えども、気持ちで最少失点に抑えるとかしてほしい。自分も軽くファーストに投げてさ。キャッチボールの問題やからね」と渋い表情。

 ローテ候補として期待をかけている左腕に「まだチャンスはあるんやから。そんなに数たくさんはないけどね。今日の反省を糧にして、投手はビッグイニングを作らないというところをね」と奮起を促した。

関連タグ: