巨人・阿部コーチが秋広を密着指導 15日の日本ハム戦は「結果を出したい」

2022年02月14日 18時49分

秋広を指導する阿部コーチ(東スポWeb)
秋広を指導する阿部コーチ(東スポWeb)

 背番号55を背負う巨人の2メートル超え・秋広優人内野手(19)が、阿部慎之助作戦兼ディフェンスチーフコーチ(42)の密着指導を受けた。

 巨人沖縄キャンプ初日(14日)、室内練習場で打撃練習を行った秋広に阿部コーチが熱視線。フリー打撃前には腰を落とさせ、ゆっくりとスイングを繰り返させた。

 通常メニューが終わると午後から秋広は居残り特打。真後ろで見守った阿部コーチは、トップの位置でバットを左手でつかみフォームの確認を行った。

 秋広は今季初の対外試合となる日本ハム戦(15日、那覇)に「3番・中堅」で出場する。11日の紅白戦で4打数無安打に終わった秋広は「練習でできていても、試合ではなかなかできない。そこは反復練習をしっかりとやって、実戦で結果が出るようにやっていきたい」と目を見開いた。

 紅白戦後、元木ヘッドからは「3球三振とかああいう姿は見たくない」と苦言を呈された。「ガムシャラにしがみついてやらないと、すぐに二軍、ファームに落ちてしまう」と、背番号55は危機感を募らせる。ビッグボス率いる日本ハムを相手に秋広が一発回答を目指す。

関連タグ: