日本ハム・新庄監督が「いいねえ」と絶賛する昨年の守護神・杉浦が肉離れで離脱

2022年02月13日 20時30分

日本ハム・杉浦(東スポWeb)
日本ハム・杉浦(東スポWeb)

 日本ハムは13日、杉浦稔大投手(29)が12日に沖縄・名護市内の病院で精密検査を受け、「左半膜様筋の肉離れ(1度)」と診断されたと発表した。

 杉浦は昨季、守護神として56試合に登板し3勝3敗28セーブ、防御率2・96をマーク。今後は14日からファームキャンプに合流してリハビリを行い、ゲーム復帰まで約3週間の見通しだという。

 新庄剛志監督(50)は6日のブルペンを視察した際「いいねえ、いいっすねえ、杉浦君。さあ、どこで使おうか。あのボール見たら、どこでも使いたくなるね。見といてください。ここで使うのって」と絶賛していただけに、少し心配な守護神の離脱となった。

関連タグ: