西武が所沢残留組9選手のキャンプ合流を発表 外崎「心も身体も上げていきたい」

2022年02月10日 14時22分

外崎修汰(東スポWeb)
外崎修汰(東スポWeb)

 西武は10日、新型コロナウイルス感染などのため所沢に残留していた9選手が11日からそれぞれのキャンプ地に合流すると発表した。

 大曲、水上、外崎、金子の4選手がA班(宮崎・南郷)に、浜屋、平良、齊藤大、平沼、川越の5選手がB班(高知・春野)に合流することになる。

 外崎は「所沢では順調に自分のペースで調整することができました。出遅れてしまっているという気持ちがありますので、ここからは怪我をしないように、そしてA班のメンバーの皆さんのペースに合わせていけるように、どんどん心も身体も上げていきたいです」

 金子は「所沢ではキャンプに向けて身体を動かすことができたと思います。遅れてキャンプに入ることになってしまいましたが、ここからの1日1日を大事に、頑張っていきたいです」と球団を通しコメントを発表した。

【関連記事】

関連タグ: