DeNA仁志二軍監督 2年目あいさつで「型通り」と「型破り」を説く

2022年01月21日 18時58分

仁志二軍監督(東スポWeb)
仁志二軍監督(東スポWeb)

 DeNAは21日、オンラインでスタッフミーティングを開催。三原球団代表、三浦監督ら一、二軍首脳陣ともに、今季で就任2年目を迎える仁志敏久二軍監督(50)も出席した。

 仁志二軍監督は会議冒頭の挨拶の中で、今季のファームにおける育成方針について「もちろん一軍の三浦監督の方針のもと、ファームもそれに沿ってやっていく所存でありますが」と前置きし「『日本一のチーム』を目指している球団ですので、日本一のチームになった時に選手たちが日本一にふさわしい。日本一の選手だ。と言われるような選手を目指して、若い選手を育てていきたいと思っております」と説明した。

 また、今後育成していく選手に関し「心技体」の3つのカテゴリーで、それぞれレベルアップアップを図っていく方向性も示した。

「まず心のところでは、チームリーダーまたは社会に出てもリーダーになる資質、それから意志を持つ選手になってほしい。それから技術的なところでは『基本と個性』をうまく融合させることをやっていきたいと思う。『型通り』と『型破り』とあるが、型通りにしっかりできる事と、あえて破る事ができる個性的な選手を同時に育てていきたい」と説き、その後も「体力的なところでは、アスリートである自覚と認識を持たせたい。野球選手だからアスリートという認識ではなく、アスリートが野球をやっているという認識を持てば必然的に『食』や『その他の生活』もアスリートである自覚を持った行動になってくると思うので、そのような選手を一から育て、将来的にチームをまとめられる選手を今年も育てていきたいと思う」と続けた。

 頭脳明晰でファームでの指導力にも定評が高い仁志二軍監督。今季も明日のベイスターズを支える若い力を育成し、一軍率いる三浦監督をバックアップする。

関連タグ: