広島ドラ1・黒原拓未 ブルペン入りへ「来クールあたりから立ち投げを始めていければ」

2022年01月14日 21時15分

笑顔でメニューをこなした広島のドラ1・黒原(代表撮影)
笑顔でメニューをこなした広島のドラ1・黒原(代表撮影)

 キャンプへ向けての着々と地固めだ。広島の新人合同自主トレの第2クール第2日の練習が14日、広島県廿日市市の大野練習場で行われた。ドラフト1位ルーキーの黒原拓未投手(22=関学大)ら育成含む11選手が軽快な動きを披露した。

 黒原は「いい感じに動けている。すごく強度もしっかりあって追い込めている」と満足そうだった。春季キャンプを前に「ブルペンに入ったりしていくと思うので、体を仕上げるというところを目標にやっている」と語った。

 合同自主トレでのブルペン入りについては「明確にはわからない」としながらも「1月も中旬なので、来クールあたりぐらいから。ぼちぼち立ち投げとか始めていければ」と18日からの第3クールでステップアップするプランを明かした。

関連タグ: