広島ドラ1・黒原が新人研修会で意気込み「侍ジャパンでもプレーできたら」

2022年01月12日 19時40分

広島・黒原(東スポWeb)
広島・黒原(東スポWeb)

 日本野球機構(NPB)の新人選手研修会が12日、オンライン上で行われ、広島からは育成を含む11選手が参加した。内容はアンチドーピング活動、SNSの使用モラルなどで各部門の専門家が約4時間にわたり講演した。

 広島のドラフト1位の黒原拓未投手(22=関学大)は要所要所でメモを取り聞き入った。「新人として知っておくべきことをたくさん知れたので良かった」とし「モラルやルールは守るべきところだと思う。すごく印象に残った」と話した。

 研修会の最後に井端弘和氏(46)がプロの先輩として講義を行い「皆さんにも侍ジャパンに入ってほしい」と呼びかけた。黒原は「いずれは入りたい。まずはチームで結果を残して、侍ジャパンでもプレーできたらいいなと思う」と語った。

関連タグ: