中日・橋本が誕生日の誓い 大野雄塾で「去年よりすべてにおいて成績が上回れる年にしたい」

2022年01月08日 23時45分

(左から)橋本、田島、大野雄、小笠原(東スポWeb)
(左から)橋本、田島、大野雄、小笠原(東スポWeb)

 中日の橋本侑樹投手が8日、チームメートの大野雄、田島、小笠原ともに自主トレーニング先の沖縄へ向けて出発。この日、24歳の誕生日を迎えた。

 2年目の昨季は開幕一軍入りを果たし、奪三振率9・45と大器の片りんを見せながら、リリーフで28試合の登板にとどまり、防御率3・71で後半戦は二軍落ちしたままシーズン終了。それだけに「やっぱり去年より、すべてにおいて成績が上回れる年にしたい」と意気込んでいる。

 3年目の飛躍を期待され、誘ってくれた大野雄に対し「たくさん学んで、いろいろ試しながら自分の引き出しにしたい。(特に)真っすぐや左打者の内角へ投げるポイント、ラインの出し方も聞きたい」と貪欲な姿勢を見せる。

 塾長の大野雄は「小笠原は先発なので僕がまた新たなことを伝えていくが、橋本には中継ぎで何百(407)試合も投げている田島に教えてほしいと伝えている。中継ぎとして結構、重要な話をしてくれると思う」。エース左腕と田島のエキスを吸収した橋本が、ひと皮むけるのは間違いなさそうだ。

関連タグ: