ヤクルトドラ4・小森が入寮 「早く二十歳になりたい」の真意は?

2022年01月06日 23時17分

三輪正義氏のグローブを手にポーズを取る小森(東スポWeb)
三輪正義氏のグローブを手にポーズを取る小森(東スポWeb)

 強烈なルーキーが加入だ。ヤクルトのドラフト4位・小森航大郎内野手(18=宇部工)が6日、埼玉県戸田市の球団寮に入寮した。人生初の寮生活だという小森は「ほんとに新鮮で、早く生活したいなと思います」と心躍らせた。

 持参したのは球団OBの三輪正義氏(37=現球団広報)のグローブ。直接もらったわけではなく「巡りに巡って自分のところに最後にたどり着いた。お守りがわりに大切に持っています」と明かした。

 三輪氏とは縁がある。小学6年生の時の野球教室で三輪〝選手〟に会った。「(三輪氏)本人は覚えてると言ってるんですけど、ちょっと怪しい」とした小森は「いつか飲みに行かせていただいた時に酔った状態で本音を聞こうと計画を立ててるんで、早く二十歳になりたい」とひそかにもくろんでいた。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ