ヤクルト中村悠平が3年総額6億円 古田氏の背番号「27」継承「気持ちよく『つけろ』と」

2022年01月06日 15時16分

契約更改をおこなったヤクルト・中村悠平(代表撮影)
契約更改をおこなったヤクルト・中村悠平(代表撮影)

 栄光の背番号とともにさらなる高みを目指す。ヤクルト・中村悠平捕手(31)が6日、東京都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、8000万円増となる年俸1億7000万円の3年契約でサインした。出来高を含め、3年総額6億円の大型契約となる。

 契約更改後、会見に応じ「たくさん上げてもらって良かったですし、この金額に見合った活躍を今年からまた3年間続けていけたらなと思います」と笑顔を見せた。

 昨季は3年契約の最終年だったが、2019年に取得した国内FA権は行使せずチーム残留を決めていた。球団側からは「これからもヤクルトの捕手、選手として頑張ってくれというのと、若い投手に対して指導して、常勝チームじゃないですけど、そういったチームにできるように頑張ってくれと言われました」という。

 昨季はチームの正捕手として強気なリードで投手陣をけん引した。通算123試合に出場し、打率2割7分9厘、2本塁打、36打点。6年ぶりのリーグV、20年ぶりの日本一に大きく貢献した。オリックスとの日本シリーズでは打率3割1分7厘をマークして打撃でも勝負強さを見せ、同シリーズMVPに輝いた。また、ベストナイン、ゴールデングラブ賞も6年ぶりにダブル受賞を決めるなどジャンプアップの1年となった。

 席上では自身の背番号が「2」から、今季は球団OBで元監督の古田敦也氏(56)がつけていた「27」へ変更となることも明かした。球団側から打診を受けた後、古田氏にお伺いを立てたところ快諾を得たという。

「古田さんに『来年から27番つけてもいいですか』とストレートな質問をさせてもらったところ、気持ちよくというか『つけろ、つけろ』という感じだったので。良かったです。ホッとしました。つけるなと言われたらどうしようかと思いました」と述べ、白い歯をのぞかせた。

 そして「入団した時からつけたかった番号。2番で日本一になったのですごく迷ったが、ここで満足することなく伝統と重みのある番号をつけ、もう一度自分にプレッシャーをかけたいと思った。キャリアハイだったり、チームの連覇を目指し、もう一度勝負したい。いずれはヤクルトの『27』は中村だと言ってもらえるように、古田さんに近づけるようにもっともっと成長して頑張っていきます」と力強い言葉も口にした。

 2022年シーズンはチームとして15年ぶりに復活した「27」を背負い、決意を新たにした頼れるムーチョがますます躍動しそうだ。(金額は推定)

関連タグ: