ヤクルト新人選手が入寮 ドラ1・山下「ケガを治して一軍でプレーしたい」

2022年01月06日 13時25分

入寮した山下輝(東スポWeb)
入寮した山下輝(東スポWeb)

 一歩ずつ前へと進む。ヤクルトのドラフト1位ルーキーの山下輝投手(22=法大)が6日、埼玉県戸田市の球団寮に入寮した。昨年のドラフト後に左手尺骨の疲労骨折が判明。ただ、状態は少しずつ良くなっているという。

 山下は「今は(投げる)強度もちょっと上がってきて6、7割の力では投げられる。距離も40メートル近くは投げられているので、だいぶいい具合にきている印象はありますね」と語った。入寮に当たって「ちょっといい枕と布団」を購入した。

 9日からは新人合同自主トレがスタートする。左腕は「まずはケガをしないことが自分の目標」とした上で2022年に向けては「すぐケガを治して少しでも早く一軍でプレーしたいという気持ちが一番強いです」と表情を引き締めた。

関連タグ: