日本ハム・新庄監督「格付け」に出演も…ワイン、タンゴ、牛肉の3全問不正解の惨敗で終了

2022年01月01日 22時11分

「映す価値なし」の称号をもらってしまったビッグボス(東スポWeb)
「映す価値なし」の称号をもらってしまったビッグボス(東スポWeb)

 日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が1日に放送された「芸能人格付けチェック! 2022お正月スペシャル」(テレビ朝日系列)に出演し、3問全問不正解の〝惨敗〟を喫した。

 この「格付け」に日本ハム・稲葉篤紀GM(49)とともに参加した新庄監督は、1問目の高級ワイン問題で黒星。MCの浜田雅功に対し「SFジャイアンツにいた時にナパバレーによく行ってた。だから一発で当たると思いますよ」と自信満々だったものの、1929年のビンテージワインと5000円ワインの二択に失敗した。

 続く2問目の「六重奏」に稲葉GMが失敗し格付けが「二流芸能人」に格下げ。3問目の「味覚・世界三大珍味」は稲葉GMが三択の中から正解を導き踏みとどまるも、新庄監督が4問目の「アルゼンチンタンゴ」で不正解。5問目の「ゴスペル」で稲葉GMが再び正解したものの、最終問題の「牛肉(シャトーブリアン)」で新庄監督が近江牛、豚肉、カエルの三択の中から選んではいけないカエルを選択して「映す価値無し」となって画面から消えた。

 新庄監督は回答した3問全問が不正解となる全敗で出演を終えた。

関連タグ: