長嶋茂雄氏がマイクを持ってお礼「みなさん、どうもありがとう!」文化勲章受章セレモニー

2021年12月08日 19時35分

原監督(左)から花束を受け取る長嶋終身名誉監督(東スポWeb)
原監督(左)から花束を受け取る長嶋終身名誉監督(東スポWeb)

 巨人の「シーズン感謝祭」が8日、両国国技館で行われ、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(85)の文化勲章受章記念セレモニーが開催された。

 東京五輪で聖火ランナーを務め、東京ドームの球団室で観戦するなど元気な姿を見せていた長嶋氏が、ファンの前に久しぶりに登場。原監督から花束を受け取るとマイクで「みなさん、どうもありがとう!」とお礼を述べた。

 各界からの祝福VTRでは加山雄三、八代亜紀、松井秀喜ヤンキースGM特別アドバイザー(47)、王貞治ソフトバンク会長(81)が登場した。

 松井氏は「野球を日本の文化の一部だと感じている方々がたくさんいる。その一番の功労者が長嶋監督だと思っています。今後もお体をご自愛され、ますます野球の発展に貢献されることを心よりお祈りしています。本日はおめでとうございました」と快挙を祝福。

 王会長は「長嶋さん、文化勲章本当におめでとうございます。一緒に野球をやってきたものとしてこんなにうれしいことはありません。長嶋さんの存在、常に光り輝いていました。太陽のような存在でした」と振り返ると、「文化勲章に本当にふさわしい野球選手。今回の選出、日本国民が全員が喜んだと思います」とメッセージを述べた。

関連タグ: