日本ハム・新庄監督 語った“改革”の根幹「戦力は二軍の選手…補強せず二軍の選手を育てる」

2021年11月30日 21時35分

札幌のファンに決意表明した日本ハム・新庄新監督(東スポWeb)
札幌のファンに決意表明した日本ハム・新庄新監督(東スポWeb)

 日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が「二軍選手の育成」こそが指揮官としての我が使命であることを語った。

 ド派手な白のランボルギーニでファンフェスに登場し「来年からボクが舵を取り、かわいい選手たちと長い船旅に出ます」とファンに決意表明をした新庄ビッグボス。終了後、報道陣の囲み取材に対応した指揮官は、先日、ノンテンダーFAとなりこの日のイベントには参加しなかった西川、大田、秋吉の3選手に言及し「よかったんじゃないですか。好きな球団に自由に行けるから。その辺に関してはタッチしてないので…」と今回の人事に関してはノータッチであることを強調した。

 その上で、これからいよいよ本格的に始まるチーム改革について「もうね、戦力は二軍の選手だと思っている。二軍の選手を育て上げる。何とか補強もせず、今年まで苦しんできた3年間というものを、僕のアドバイスや行動やトークでどれだけ変えられるか、というのはものすごく楽しみ。いい選手を獲ってきてというのは、何かあんまり面白くないんだよね」とチーム作りに対する自らの持論を語った。

 そういった後で「ボッロボロになったりしてね(笑い)。でも、どっちかでいいと思う! グーンなのか、ガーッなのか。極端な方が好きなの」と語ったビッグボス。

 今ある船が〝ボロ船〟であっても、チーム全体で修理、強化しながら全員で強くカッコいいチームに育て上げるという決意をにじませていた。

関連タグ: