広島・栗林が〝森下超え〟5300万円 2年目球団最高額「来年も勝ちのまま終われるように」

2021年11月30日 16時31分

大幅増に勝鬨を上げた栗林(東スポWeb)
大幅増に勝鬨を上げた栗林(東スポWeb)

 また一つ記録を更新した。広島の栗林良吏投手(25)が30日、マツダスタジアムで契約更改交渉を行い、3700万円増の年俸5300万円でサインした。2年目の年俸では森下の4300万円を超え球団史上最高額だ。

 ルーキーイヤーの今年は開幕から守護神を任され、デビューから22試合連続無失点。歴代2位タイの20試合連続セーブも記録するなど53試合に登板し、0勝1敗、新人最多タイの37セーブを挙げて防御率は0・86だった。

 東京五輪の出場もありながらも、シーズン〝完走〟。栗林は「こうやって終わることができたのは良かった」と笑顔を見せた。来季に向けては「セーブシチュエーションで今季同様にしっかりと勝ちのまま終われるようにしたいです」と話した。(金額は推定)

関連タグ: