ヤクルト・村上が渾身の一発でラオウへ〝ドヤ顔返し〟!「すぐに流れを持ってこれた」

2021年11月25日 19時32分

4回、ソロ本塁打を放つ村上(東スポWeb)
4回、ソロ本塁打を放つ村上(東スポWeb)

 やられたらやり返す! ヤクルトの村上宗隆内野手(21)が日本シリーズ第5戦・オリックス戦(25日=東京ドーム)の4回に勝ち越しソロを放った。

 主砲の一振りで、奪われかけた流れをすぐさま取り返した。1点を奪われて1―1の同点とされた直後の4回の攻撃。先頭打者として打席を迎えた村上は、山﨑が投じた5球目・143キロの直球を完ぺきに捉えると、打球は左中間スタンドへ一直線。塁上では右手人さし指を力強く、そして静かに掲げると、渾身のドヤ顔で駆け抜けた。

 村上は「同点に追いつかれた直後だったのでチャンスメークしようという気持ちで打席に入りました。大振りせずコンパクトに打つことができました。すぐに流れを持ってこれたので良かったと思います」とコメント。

 直前に同点適時打を放ったオリックス・杉本も一塁上では同様のポーズでドヤ顔を披露しており、まさに〝ドヤ顔返し〟で反撃した格好だ。

関連タグ:
 

ピックアップ