3連敗のオリックス・中嶋監督「あと1個負けたら終わり。全力でいくだけ」

2021年11月24日 22時19分

ベテラン増井投入が裏目に出たオリックス・中嶋監督(東スポWeb)
ベテラン増井投入が裏目に出たオリックス・中嶋監督(東スポWeb)

 オリックスに後がなくなった。日本シリーズ第4戦(24日=東京ドーム)の先発・山崎颯は2回にサンタナにソロ本塁打を許しながらもその後は追加点を与えず、5回を4安打1失点の力投を見せた。しかし、中嶋監督は同点に追いついた直後の6回から山崎颯に代えてベテラン増井を投入。これが裏目に出た。

 増井は四球と安打で二死一、二塁のピンチを招いて交代。3番手の比嘉はオスナに中前に運ばれ、痛恨の勝ち越し点を与えた。打線はベテラン石川の120キロ台のストレートと変幻自在の変化球に翻ろうされ、リリーフ陣も崩すことができないままに1―2と惜敗した。

 中嶋監督は「山崎はよく投げた。いい投球だった」と評した一方で救援陣には「難しい場面だと思うけど、四球が気になります。どうしてもそれが大きくなる」とこぼした。

 また、この日も散発6安打に終わった打線について「石川の投球術がさすが。でも、もう少し的を絞っていけたのかな、と思う。まとまらないうちに手を出してしまっているというか…。いろいろミーティングしてるはずだけど、そういうところがうまくできていないのかなと思いますけど」と首をかしげた。

 初戦の劇勝からまさかの3連敗。「あと1個負けたら終わり。全力でやるだけ」と第5戦を見据えた指揮官。最後の意地を見せることができるか。

関連タグ:
 

ピックアップ