日本ハム・新庄監督が初々しい17歳当時の動画をアップ「コイツ、馬鹿だ~」と自虐突っ込み

2021年11月24日 11時33分

笑顔まぶしい新庄剛志監督(東スポWeb)
笑顔まぶしい新庄剛志監督(東スポWeb)

 日本ハムの「ビッグボス」新庄剛志監督(49)が23日に自身のインスタグラムを更新し、阪神に入団した1989年当時の動画をアップした。

「17歳のプロ野球入団発表会見で~」と題した投稿に「プロ野球には興味が無かったといってる自分にコイツ 馬鹿だ~って突っ込んでもうた」と自虐コメントをつづったビッグボス。

 阪神に5位指名で入団した当時、17歳の新庄監督は司会者の「阪神ファンでしたか?」の質問に「いや、ファンとかはそんななかったですけど、プロ野球自体あんまり好きじゃなかったから」と初々しさ満載で苦笑い。「友達の中では人気者でしたか?」の質問には「自分でいうのもなんだけど、結構人気者です」とその後につながるスター・SHINJOの片鱗も見せていた。

関連タグ:
 

ピックアップ