オリックス2敗目 ラオウ杉本は待望の一発にも「出たことはうれしいけど…」

2021年11月23日 22時44分

最後の打者になった杉本は「また明日切り替えて頑張ります」(東スポWeb)
最後の打者になった杉本は「また明日切り替えて頑張ります」(東スポWeb)

 日本シリーズ第3戦(23日、東京ドーム)でオリックスのラオウこと杉本裕太郎外野手(30)に待望の一発が飛び出した。1―3で迎えた6回、ヤクルト先発の小川から吉田正が左中間を破る二塁打を放つと、続く4番・杉本が右翼席に高々と上がる同点2ランを叩き込んだ。大騒ぎのベンチ前では吉田正との「青学大コンビ」で昇天ポーズ。今シリーズ11打席目での一発だった。

「少し詰まっていましたし、まさか入るとは思っていませんでした。スタンドまで届いてくれてよかった。力を抜くことだけ考えて打席に入りました」

 だが、試合はあと一歩及ばず4―5と惜敗したことで「(本塁打が)出たことはうれしいけど、勝てなかったので…。チャンスに打てなかった打席もある。また明日切り替えて頑張ります。明日勝ってタイになれるように」と言葉少なだった。

【関連記事】

関連タグ:
 

ピックアップ