ヤクルト・村上が意地の一発 ベンチで出迎え・奥川の頭を手荒く〝ワシャワシャ〟

2021年11月20日 21時13分

8回、勝ち越し2ランを放つ村上(東スポWeb)
8回、勝ち越し2ランを放つ村上(東スポWeb)

 これが4番の底力だ。ヤクルトの村上宗隆内野手(21)が20日のオリックスとの日本シリーズ第1戦(京セラ)で、値千金の勝ち越し2ランを放った。

 1点を奪われて同点となった直後の8回、無死一塁で打席を迎えた村上は、この回からマウンドに上がったヒギンスの6球目、139キロのチェンジアップをうまく捉えると、打球はぐんぐんと伸びてバックスクリーンへ。村上が歓喜のガッツポーズを掲げると、打たれた助っ人右腕も苦悶の表情を浮かべた。

 ベンチに戻ると、ここまで7回1失点と力投していた奥川も満面の笑みでお出迎え。村上は奮投していた後輩の頭を、雄たけびを上げながら手荒く〝ワシャワシャ〟なでると、ベンチのボルテージはさらに上がっていた。

関連タグ:

ピックアップ