オリックス主砲・吉田正 ヤクルト・奥川を警戒「早い段階で甘い球を打っていかないと…」

2021年11月20日 05時00分

みっちり調整を行ったオリックス・吉田正(東スポWeb)
みっちり調整を行ったオリックス・吉田正(東スポWeb)

 オリックスの主砲・吉田正尚外野手(28)がヤクルトとの日本シリーズに向けての意気込みを語った。19日、初戦の舞台となる京セラドームで前日練習を終えた主砲は「非常にワクワクしている。ここまで来たので一戦一戦、最後まであきらめずに戦っていきたい」と力を込めた。

 骨折からリハビリを続けてきた右手首も「日に日によくなっている」と順調な回復ぶり。ビジター3試合でDHがなくなり、守備につくことにも「しっかりプレーできる準備をしたい」と問題なさそうだ。

 初戦の先発が濃厚なヤクルト・奥川には「コントロールが良く、四球で自滅するタイプではない。早い段階で打線が甘い球を打って行かないとどんどん四隅に投げてくる。まっすぐ150キロを越えてアドレナリンも出るでしょう」と警戒しながらも「初対戦でどんな球を投げてくるのか、すごく新鮮で楽しみ。対戦のない投手ばかりなので、自分から積極的にいけたらと思う」と腕をぶした。

「日替わりヒーローが出ればいいと思うし、投手がゲームを作って守って少ないチャンスで誰かが決勝点を取っていく。4打席あったら1球はどこかでチャンスボールはくると思うので、そこを仕留められたら。交流戦、シーズン、CSも勝ったので最後は日本一で終わりたい」と頂点を見据えた。

関連タグ:

ピックアップ