CS欠場の巨人・岡本和が来季へのリベンジ誓う「最後、迷惑をかけてしまった」

2021年11月17日 16時47分

巨人・岡本和(東スポWeb)
巨人・岡本和(東スポWeb)

 巨人の4番・岡本和真内野手(25)が来季のリベンジを誓った。

 2年連続2冠王に輝いたものの、左脇腹を痛めCSを全休。バットを振ることなく今季が終了した。

 17日、岡本和はジャイアンツ球場でストレッチ、ランニング、ノックなどリハビリメニューをこなすと室内練習場で打撃練習を行った。

「(患部は)徐々に良くなっている」という主砲は登録されずに終わったCSに「(ファーストの)甲子園の時も応援していましたし、(ファイナルの)神宮の時も応援していました。何とか勝ちたかったですけど、そこは仕方がないのかなと。ボクも最後、迷惑をかけてしまったので来年はそういうことがないように、頑張りたい」と前を向いた。

 CSではナインが「和真のために」と口を揃えた。背番号25は「そういうことをボクに対して言ってくれるのというのはすごくうれしいことですし、その分、ケガを最後のところでしてしまったので、すごい申し訳ないという気持ちでいっぱいです。また来年頑張りたいと思います」とバットでの恩返しを誓った。

関連タグ:

ピックアップ