広島がバード、クロンら5外国人選手の退団を発表 スコットは今季一軍登板1度もなし

2021年11月17日 12時53分

左からスコット、バード(東スポWeb)
左からスコット、バード(東スポWeb)

 広島は17日、カイル・バード投手(28)、テイラー・スコット投手(29)、ドビーダス・ネバラスカス投手(28)、ケビン・クロン内野手(28)、アレハンドロ・メヒア内野手(28)の5選手と来季の契約を結ばないと発表した。

 今季加入したバード、ネバラスカス、クロンの3選手全員の退団が決まった。バードは33試合に登板し、0勝0敗11ホールドで防御率は4・57だった。また来日2年目のスコットは今年、一軍の登板機会が一度もなかった。

 メヒアは2015年に練習生としてバティスタとともに広島に入団。16年に育成契約を結び、17年に支配下登録された。そこから5年間で142試合に出場し通算で打率は2割3分7厘、12本塁打、29打点の成績だった。

関連タグ:

ピックアップ