中日・福が会見で誹謗中傷被害を訴える「おびただしい数の殺害予告がきた」「SNSもうやらない」

2021年11月16日 19時39分

契約更改後の会見で誹謗中傷被害を訴えた中日・福(東スポWeb)
契約更改後の会見で誹謗中傷被害を訴えた中日・福(東スポWeb)

 中日・福敬登投手(29)が16日、自身のSNSに〝殺害予告〟が届くなど中傷被害に遭っていたことを明かした。

 この日、ナゴヤ球場で1400万円増の年俸6000万円(推定)で契約更改後、会見で来季の目標と問われると「ファンの皆さんにお願いを言わさせてください」と切り出した。これまで自身のSNSを開設して今季も情報発信を行っていたが「シーズン中に打たれた試合になると、おびただしい数の殺害予告がきたりする。家族の身の危険を感じるような文言を直接的に送られてきた」と吐露。

 その上で「(チームが)負けて感情的になっているのは分からないこともないが、それで選手は心を痛めている。見なければいいと思うかもしれないが、どうしても見てしまう選手もいるし、これが冗談なのかそうじゃないかは受け手の問題。それで選手のメンタルに関与してしまうこともある」と選手へのダメージが大きいことを力説した。

 福自身のアカウントはツイッター、インスタグラムとも不正ログインされ〝乗っ取り〟被害に遭っており、今後はSNSはやらないことを宣言。しかし、同様の誹謗中傷被害を受けている選手が他にもいることを示唆した上で「あまりにも度が過ぎているツイートやコメントなどの投稿はファンの皆さまに協力してもらい、言いすぎな投稿には削除要請や報告をしてほしい。ファンのみなさんには『僕たちを助けてほしい』とお願いしたいです」と訴えた。

関連タグ:

ピックアップ