広島初V導いた古葉竹識元監督が死去 達川光男氏、山崎隆造氏が追悼

2021年11月16日 15時59分

1980年、近鉄との日本シリーズを制し声援に応える広島・古葉監督(東スポWeb)
1980年、近鉄との日本シリーズを制し声援に応える広島・古葉監督(東スポWeb)

 広島は16日、1975年の球団初優勝の時に監督を務めていた古葉竹識さんが12日に死去したことを発表した。85歳だった。死因などの詳細は明らかにしなかった。葬儀、告別式は近親者のみで執り行った。

 古葉さんは熊本市生まれで、済々黌高から専修大へ進学。同大中退後に社会人・日鉄二瀬に入社し1958年に広島に入団。64、68年に2度の盗塁王に輝くなど活躍した。70年に南海(現ソフトバンク)に移籍し71年に引退。

 72年に南海のコーチを務め、74年からは広島のコーチ。75年のシーズン途中から広島の監督に就いた。11シーズンで日本一に3度、リーグ優勝に4度、導いた。

 大洋(現DeNA)でも87年からの3シーズン指揮した。2008年に東京国際大の野球部監督に就任。その後、同大野球部の名誉監督を務めていた。

 古葉さんの教え子で広島OBの達川光男氏は「目力の強い監督さんでした。礼儀を重んじる方でした。そういう中でキャッチャーで一番大事なのはキャッチングということを教わりました。サイン違いが捕れて初めて一人前のキャッチャーだと。最後に言われたのは監督より勝ちたいと思えるようになったら一人前のキャッチャーだと言われました。今までいろいろと教えていただき本当にありがとうございました」と追悼のコメントを寄せた。

 また同じく広島OBの山崎隆造氏は「私にとって最大の恩師です。プロ野球を3年でクビになってもおかしくないところを17年もやらせてもらえたのは、古葉さんのおかげです。野球を教えてくれた人であり、スイッチヒッターへの転向を進言してくれた人。これが、その後のわたしの人生につながっています。こういう形でのお別れとなってさびしい限りです」と悼んだ。

関連タグ:

ピックアップ