阪神・矢野監督は梅野の意向を尊重「本人が取った権利。周りの評価を聞けるのはFAしかない」

2021年11月15日 05時00分

阪神・梅野(東スポWeb)
阪神・梅野(東スポWeb)

 阪神・矢野燿大監督(52)が14日に甲子園球場で行われた秋季練習終了後、報道陣の取材に応対。FA権を獲得し今オフの行使へ向け〝熟考中〟の梅野隆太郎捕手(30)について、思いのたけを語った。

 慰留へ向けた梅野との話し合いは「まだ何もしていない」とした指揮官は「まずは本人が取った権利だからね。自分の時もそうだし(NPBに)入る時は(ドラフトで)指名されて入る形になる。自分で得た権利で周りの評価を聞きたいというのは俺も思ったし、そういうのはFAしかないんで。球団は球団で残ってもらう努力はしっかりしてくれると思う」と当面は梅野本人の意向を尊重し〝静観〟する構えを示した。

関連タグ:

ピックアップ