CS敗退の巨人に関口宏から喝を要求されるも… 張本氏やんわり拒否

2021年11月14日 10時12分

張本勲氏(東スポWeb)
張本勲氏(東スポWeb)

 プロ野球評論家の張本勲氏(81)がまさかの「喝」自粛⁉ 張本氏は14日放送のTBS系「サンデーモーニング」のスポーツコーナーに出演。プロ野球のクライマックスシリーズでヤクルトに3敗1分けで日本シリーズ進出を逃した巨人に対し、厳しい勝負の世界を知る者として〝情け〟をかけた。

 かつて〝球界の盟主〟と呼ばれた巨人も、ここ10年で日本一は1度だけと寂しい成績が続いている。今年の日本シリーズをかけたクライマックスシリーズのヤクルト戦では初戦で奥川恭介投手にプロ初完封を許すなど、いいところなしで今シーズンを終えた。

 ヤクルト戦を振り返った張本氏は「ヤクルトの前年最下位からの優勝は珍しいよね。やはり爆発的な打線がいい。ただ、見逃しちゃいけないのはピッチャー陣が安定していること。先発陣が結構もつんだ、5回6回まで。監督の高津もピッチャー出身で継投がうまい。巨人は力負けだね」と、話題はほぼ優勝したヤクルトに…。

 これに司会の関口宏(78)が「何かいいとこなかったですね、巨人は。これは喝入りませんか?」と、スポーツコーナー名物の「喝」を要請。しかし、張本氏は「まあ、選手たちも一生懸命やってるからね。勝った負けたの勝負ですから」とやんわり拒否し、関口は「張さん、甘いな」と納得いかない様子だった。

関連タグ:
 

ピックアップ