ソフトバンク・王会長が期待の若鷹を直接指導 リチャードに続く「右の大砲」育成へ本腰 

2021年11月12日 20時15分

ソフトバンク・王球団会長(東スポWeb)
ソフトバンク・王球団会長(東スポWeb)

 ソフトバンク・王貞治球団会長(81)が宮崎秋季キャンプ(生目の杜運動公園)の12日、昨秋ドラフト1位・井上朋也内野手(18)を直接指導した。かねて気にかけてきた期待の高卒1年目野手を第1クールに続いて〝ロックオン〟。この秋から「特別チームアドバイザー」の肩書が加わり、指導にも熱が入った。

 王会長は所用のため、この日で宮崎を一時離れたが、最後に声をかけたのが井上だった。近年、ファーム視察が増えた王会長。井上は未来の大砲候補ゆえに、かねて悪癖が気になっていた。共通認識のある藤本監督は「どうしても右手が強いというところ。右手が強いとこねてしまう。そういうところを言ってくださったみたい」と、指導の経緯を説明。右手で強く握ることでバットをこねてしまう。そうすると打球が上がらず、凡打が増える。悪癖を矯正するために握り方にメスが入った。「手のひらで握るより、指で握る感じです」。そう端的に指導内容を明かした井上は「かみ砕いて分かりやすく教えていただいた。自分の中では180度とは言わないが、それくらい変わっている感じ。変えていかないといけない。まずは力感をなくしていきたいです」と前を向いた。

 また、王会長はスイングした流れで握ったバットを投手方向に放り投げる独特の練習も採用。「後ろを小さく、前を大きくってことを言われました」。名門・花咲徳栄(埼玉)で1年生から4番を担い、高校通算50本塁打。貴重な右の長距離砲に大きなスイングを意識させた。同時にこの練習では、右手をこねるように放すとスムーズにバットは前に飛ばない。悪癖矯正を兼ねた練習だったとみられる。

 精力的な指導は期待の裏返し。今季一軍で爪痕を残したリチャードに続く「右の大砲」育成に余念がない。

関連タグ:

ピックアップ